離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

交際相手が既婚者と知らなかった場合でも慰謝料を支払う必要はある?

【 Q 】

交際中の相手が既婚者でした。相手が結婚していた事実を知らなくても慰謝料を支払わなければなりませんか?

【 A 】

慰謝料請求の根拠は,不法行為(民法709条)に基づく損害賠償請求になります。

(民法709条)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

上記条文によりますと,法的な慰謝料支払義務を負うのは,故意又は過失によって」相手方の権利侵害をした場合に限られます。

 

「故意」とは

ここで,「故意」とは,交際相手が既婚者であると知っていたこと,又は既婚者かもしれないと認識していたこといいます。

つまり,相手が結婚していた事実を知らなかった場合は,「故意」がないとして,不法行為は成立せず,慰謝料支払義務は原則負いません。

 

「過失」とは

もっとも,既婚者であると知らなかったことにつき「過失」が認められた場合には,なお慰謝料支払義務が発生します。
つまり,既婚者であると容易に予測できるにも関わらず漫然と交際を継続した場合等には,過失があると判断されうることになります。
そして,既婚者であると予測できたか否かは,当事者の地位や年齢,客観的具体的状況,当事者の発言,具体的行動等から総合的に判断されます。

 

まとめ

以上のように,慰謝料支払義務を負うか否かは,故意・過失の有無等によって異なり,裁判ではその立証に尽力する必要がありますので,弁護士に早期に依頼した方がよいでしょう。

(参考文献「第4版要件事実マニュアル5」岡口基一・著)

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談