離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

卒婚の種類 -同居卒婚・別居卒婚-

卒婚には大きく、2つの種類があります。「同居卒婚」と「別居卒婚」です。

同居卒婚」とは、卒婚後に同居生活をする場合です。多くは同居生活中に話し合って卒婚に関する何らかの取り決めをするパターンが多いでしょうが、一旦別居状態に陥った夫婦であっても、話合いの結果、同居卒婚という形で同居に至る場合もあるでしょう。

別居卒婚」とは、卒婚後に別居生活をする場合です。同居中の夫婦が卒婚のルールを決めて別居に至る場合と、既に別居中の夫婦が卒婚のルールを決める場合とがあり得ます。

関連記事

「卒婚」とは
夫婦の状態からみる卒婚の位置付け
・卒婚の種類 -同居卒婚・別居卒婚-(本記事)
卒婚と契約 -卒婚とは契約なのか-
卒婚と契約 -契約書を取り交わした方がいいのか-
卒婚のメリット
卒婚のデメリット
卒婚に対する当事務所の取組み

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談