離婚弁護士のコラム
Lawyer’s column

離婚コラム

卒婚と契約 -契約書を取り交わした方がいいのか-

私たち弁護士は,卒婚に関わらず,契約したことは契約書などの書面を交わすことを強くお勧めしています。
特に書面のない卒婚では,例えば,次のようなリスクが考えられます。

① 同居卒婚と家庭内別居との区別がつかない。

② 別居卒婚と別居との区別もあいまいになってしまい,卒婚のメリットを最大限発揮できない。

③ 細かなニュアンスの違いで,新たなトラブルが起こる。

④ 約束した内容を忘れたり,誤解したりして,新たなトラブルが起こる。

卒婚契約に関しては、様々なメリットとデメリットが考えられますので、法律の専門家にしっかり相談しながら、ご夫婦の実情に応じた契約内容にすべきでしょう。

> 卒婚のメリットの解説はこちら
> 卒婚のデメリットの解説はこちら

関連記事

「卒婚」とは
夫婦の状態からみる卒婚の位置付け
卒婚の種類 -同居卒婚・別居卒婚-
卒婚と契約 -卒婚とは契約なのか-
・卒婚と契約 -契約書を取り交わした方がいいのか-(本記事)
卒婚のメリット
卒婚のデメリット
卒婚に対する当事務所の取組み

関連記事

離婚弁護のご相談

  • 092-409-0775
  • 0952-41-9210
  • 0954-20-1455

離婚弁護のご相談